大相撲40年史 ─私のテレビ桟敷

小谷野 敦

北の湖・千代の富士時代から貴乃花・曙時代、朝青龍・白鵬時代まで、角界の四十年を著者一流の相撲と世相の知見を盛り込み解説する。

大相撲40年史 ─私のテレビ桟敷
  • シリーズ:ちくま新書
  • 924円(税込)
  • Cコード:0275
  • 整理番号:1557
  • 刊行日: 2021/03/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07379-2
  • JANコード:9784480073792
小谷野 敦
小谷野 敦

コヤノ アツシ

1962年茨(★正字)城県生まれ。東京大学文学部大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士。大阪大学助教授、東大非常勤講師などを経て、作家、文筆家。著書に『もてない男』(ちくま新書)、『聖母のいない国』(河出文庫、サントリー学芸賞受賞)、『現代文学論争』(筑摩選書)、『谷崎潤一郎伝』『里見�ク伝』『久米正雄伝』『川端康成伝』(以上、中央公論新社)ほか多数。小説に『悲望』(幻冬舎文庫)、『母子寮前』(文藝春秋)など。

この本の内容

北の湖・輪島ら四横綱時代から千代の富士時代、貴乃花・曙・武蔵丸の時代、さらに八百長疑惑騒動を経て、朝青龍や白鵬らモンゴル出身力士たちが角界を席巻する現在まで―四十年間の相撲界を著者自身の個人的体験を織り込んだクロニクル形式で振り返る。テレビに映し出された土俵のみならず、八百長事件など土俵外の騒動までを、著者一流の大相撲と世相への知見を盛り込んで解説。折々の幕内力士番付や部屋系統図・年寄名跡一覧などの付録も充実した、相撲ファン必携の一冊。

この本の目次

第1章 四横綱時代から千代の富士時代へ(一九八〇年―千代の富士の台頭
一九八一年―千代の富士、琴風、隆の里の三すくみ ほか)
第2章 貴乃花・曙時代、そして武蔵丸(一九九二年―小錦・疑惑の舌禍
一九九三年―貴花田・宮沢りえ婚約破棄 ほか)
第3章 暴れん坊・朝青龍とモンゴル力士たち(二〇〇四年―朝青龍の一人横綱
二〇〇五年―全場所で朝青龍優勝 ほか)
第4章 土俵の独裁者・白鵬(二〇一〇年―野球賭博で琴光喜解雇
二〇一一年―八百長事件と「技量審査場所」 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可