ダイオウイカvs.マッコウクジラ ─図説・深海の怪物たち

北村 雄一

海の男たちが恐怖したオオウミヘビや日本の漁船が引きあげたニューネッシーの正体は何だったのか。深海に蠢く奇々怪々な生物の姿と生態を迫力のイラストで解説。

ダイオウイカvs.マッコウクジラ ─図説・深海の怪物たち
  • シリーズ:ちくま新書
  • 902円(税込)
  • Cコード:0245
  • 整理番号:1566
  • 刊行日: 2021/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-07386-0
  • JANコード:9784480073860
北村 雄一
北村 雄一

キタムラ ユウイチ

1969年長野県生まれ。日本大学農獣医学部卒業。サイエンスライター兼イラストレーター。生物進化から天体まで幅広い分野で活躍する。主なテーマは系統学、進化、深海、恐竜、極限環境など。『ダーウィン『種の起源』を読む』(化学同人社)で科学ジャーナリスト賞大賞2009を受賞。近著には「生きもの摩訶ふしぎ図鑑」シリーズの『生きた化石』『巨大生物』(保育社)や、『深海生物の「なぜそうなった?」がわかる本』(秀和システム)、『発見!?宇宙生物』(汐文社)など。翻訳書もある。

この本の内容

深海には、われわれの想像を超える生物が蠢いている。まったく光が届かない世界で、捕食者から逃れ、パートナーを見つけるために特化した視覚・聴覚・嗅覚、不思議な器官。海の男たちから「シーサーペント」とおそれられた巨大ウミヘビや日本の漁船が引きあげたニューネッシーの正体とは。文字通りメスと一体化してしまうビワアンコウのオス、スケスケ頭のデメニギス、生きた化石シーラカンス、ダイオウグソクムシの無個性という進化など、深海のモンスターたちの異様な姿と習性を、迫力の描きおろしイラストで紹介する。

この本の目次

第1章 怪物と呼ばれた深海生物(ダイオウイカ―“巨大海ヘビ”はマッコウクジラのディナー
ラブカ―ヘビの顔をした深海ザメ
ミツクリザメ―古代の巨大肉食魚の正統な後継者
ウバザメ、メガマウス、ニューネッシー―人は見たいものしか見えない
リュウグウノツカイ―古代から想像力を刺激する要旨
レプトケファルス幼生―巨大ウナギ伝説の起源)
第2章 想像を絶する深海の生態(ビワアンコウ―極端に小さいオスの役割
デメニギス―透明な頭と巨大目玉の超能力
ダイオウグソクムシ―無個性という特殊能力)
第3章 生きた化石は深海にいる(オウムガイ―貝がイカに進化する過程
コウモリダコ―独自のニッチで1億6600万年
シーラカンス―ダーウィン進化論の神髄)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可