ふしぎな日本人 ─外国人に理解されないのはなぜか

塚谷 泰生 著 , ピーター・バラカン

日本の集団主義の起源は、米づくりにあった。日本人を知り尽くすバラカン氏とヨーロッパで活躍する実業家・塚谷氏が、日本独特の文化を縦横無尽に語り合う。

ふしぎな日本人 ─外国人に理解されないのはなぜか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,012円(税込)
  • Cコード:0295
  • 整理番号:1629
  • 刊行日: 2022/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-07457-7
  • JANコード:9784480074577
塚谷 泰生
塚谷 泰生

ツカタニ ヤスオ

1957年生まれ。明治大学農学部卒業後、日商岩井(現・双日)勤務を経て、2006年に日本食品産業ヨーロッパ株式会社を設立。ヨーロッパ、アジア内にて日本食製造加工品の開発を開始。同社の事業譲渡後、2014年にユーロコミッティ株式会社設立、代表取締役に就任。マーチャンダイザ―として、日本製品(機械、食品、化学製品)のヨーロッパ、アジア向けの輸出入を行っている。

この本の内容

自分の意見を強く主張しない日本人の引っ込み思案な性格は、外国人には理解しがたい。ヨーロッパでビジネスを長年展開してきた塚谷氏は、その理由の説明をヨーロッパで繰り返し求められるうちに、ヨーロッパの麦作農家を訪れて驚いた。土も水路も、何もかもが日本と違う。日本の集団主義は、世界にも稀な高度労働集約で行われる稲作にこそ起源があると気づいたのだ。半世紀近く日本に暮らし日本人を知り尽くすバラカン氏と、日本文化の面白さや特殊性を縦横無尽に語り合う。

この本の目次

第1章 日本人ビジネスマンが感じたヨーロッパ社会
第2章 バラカンが戸惑った日本と日本人
第3章 日本とヨーロッパに横たわる誤解
第4章 日本人はなぜコメを主食に選んだのか
第5章 日本人のアイデンティティを形成した稲作文化
第6章 グローバル化の中で日本人はどこへ行くのか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可