日本水商売協会 ─コロナ禍の「夜の街」を支えて

甲賀 香織

新型コロナウィルス感染症の震源地として名指しされた「夜の街」。差別的扱いの実態から成長産業としての魅力まで、業界団体代表が業界の全体像を描く。

日本水商売協会 ─コロナ禍の「夜の街」を支えて
  • シリーズ:ちくま新書
  • 924円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1640
  • 刊行日: 2022/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07467-6
  • JANコード:9784480074676
甲賀 香織
甲賀 香織

コウガ カオリ

1980年、埼玉県生まれ。一般社団法人日本水商売協会代表理事。青山学院大学文学部卒業後、出版社等を経て株式会社ベンチャー・リンクに入社、カーブスジャパンに出向。人材教育や営業マニュアルの作成、新規店舗の立ち上げ、業績不振店舗の再建に従事する。27歳で銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」に入店。1年でナンバー1となる。引退後は、ホステスの営業メール配信システムの開発・販売を行う。2018年、日本水商売協会を設立。

この本の内容

二〇二〇年四月九日。日本水商売協会代表理事の甲賀香織は、銀座や歌舞伎町のクラブ経営者らと共に、自民党本部を訪れた。新型コロナウイルス感染症対策として行われる様々な助成から、接待飲食業―水商売を除外する方針に抗議するためだ。「水商売が一般企業と同様に、ビジネスとして認められるようにしたい」「働く女性たちが色眼鏡で見られないようにしたい」こんな思いで設立された日本水商売協会が、思わぬ形で注目された瞬間だった。コロナ禍で明らかになった差別から、成長産業としての魅力まで、知られざる水商売の世界を描く。

この本の目次

第1章 水商売業界を襲った新型コロナウイルス(日本水商売協会代表理事、自民党本部へ行く
要望書を提出する ほか)
第2章 水商売業界の全体像(そもそも「水商売」とは何なのか
水商売業界の構造)
第3章 差別的取扱いと風営法(さまざまな差別的取扱い
水商売側の問題 ほか)
第4章 水商売をあえて選んだ、それぞれの理由(すすきの ニュークラブオーナー・波戸崎崇
歌舞伎町 ホスト・皐月 ほか)
第5章 「夜の街」の未来(NIGHT QUEENグランプリ
「夜の街」のあるべき姿とは)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可