和辻哲郎 建築と風土

三嶋 輝夫

唐招提寺、薬師寺、法隆寺から、世界の名建築を経めぐり、そして桂離宮へ――。知られざる和辻倫理学のもうひとつの思想的源泉!

和辻哲郎 建築と風土
  • シリーズ:ちくま新書
  • 924円(税込)
  • Cコード:0210
  • 整理番号:1643
  • 刊行日: 2022/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07469-0
  • JANコード:9784480074690

この本の内容

いまだかつて哲学研究者たちによって顧みられることがなかった和辻哲郎の建築論を、四つの著作『風土』『古寺巡礼』『イタリア古寺巡礼』『故国の妻へ』と、「桂離宮印象記」をはじめとした桂離宮論のうちに探り、知られざる和辻の射程を、その広がりと深さにおいて示す試み。唐招提寺、薬師寺、法隆寺から、マルセーユ、ローマ、ゴスラー、ローテンブルクの寺院や遺跡を訪ね歩き、そして桂離宮へ―。その足取りをたどりなおし、空間的要素と時間的要素を総合する和辻の眼を手に入れる。

この本の目次

第1章 間柄と建築―『風土』における「ウチ」の分析(台風的性格
「間柄」と「家」―「ウチ」の分析 ほか)
第2章 天平の甍―『古寺巡礼』と唐招提寺論(「屋根の勾配」と「縁側の工合」
パースペクティヴとアイティオロジー)
第3章 建築と風土―『イタリア古寺巡礼』と素材への注目(マルセーユとジェノア
ローマ ほか)
第4章 アルプスの北―『故国の妻へ』とドイツの建築(ゴスラー
ローテンブルク)
第5章 面と線の美学―『桂離宮』をめぐって(日光廟と桂離宮
「桂離宮印象記」 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可