こんなに変わった理科教科書

左巻 健男

えっ、いまは習わないの? かいちゅうと十二指腸虫の写真入り解説やカエルの解剖はなぜ消えたのか。理科教科書で振り返る戦後日本。

こんなに変わった理科教科書
  • シリーズ:ちくま新書
  • 902円(税込)
  • Cコード:0240
  • 整理番号:1644
  • 刊行日: 2022/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-07470-6
  • JANコード:9784480074706
左巻 健男
左巻 健男

サマキ タケオ

1949年栃木県生まれ。千葉大学教育学部卒業。東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。専門は理科教育 、科学コミュニケーション。東京大学教育学部附属中高教諭、京都工芸繊維大学教授、同志社女子大学教授、法 政大学教授を歴任。大人の理科雑誌「理科の探検」編集長。近著には『中学生にもわかる化学史』(ちくま新書)、『世界史は化学でできている――絶対に面白い化学入門』(ダイヤモンド社)、『怖くて眠れなくなる元素』(PHP研究所)など。編著や監修も多数。

この本の内容

カエルの解剖、ショウジョウバエの飼育、有精卵を使った成長観察、かいちゅうや十二指腸虫の感染経路の写真付き解説、たくさんの昆虫や季節の植物など、いまはもうない理科授業。約一〇年ごとに、理科は大きく変わってきた。新発見や説明法の見直しもあって、かつての常識がいまは非常識だったりすることもある。生活密着の五〇年代、科学立国を目指した六〇年代、米ソ冷戦の影響を受けた七〇年代まで、理科はどんどん難しくなったが、詰め込み教育への反省から八〇年代以降は精選、厳選へ。けれど二〇一〇年代以降、ゆとり教育批判で再び高度化した。理科教科書で戦後日本のあゆみを読み解く。

この本の目次

第1章 理科教科書の七〇年
第2章 日本は科学の国という夢―超難しかった物理・化学
第3章 君はかいちゅうの感染方法を知っているか―体験で学ぶ生物・地学
第4章 教科書の単位・定義・用語はいつ、なぜ変わったか
第5章 消えた理科実験を考える
第6章 教科書づくりと学習指導要領
第7章 理科の教え方学び方

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可