ルポ名門校 ─「進学校」との違いは何か?

おおたとしまさ

進学校と名門校は何が違うのか? 旧制中学、藩校、女学校出身の伝統校から戦後生まれの新興校まで全国30校を取材。名門校に棲む「家付き酵母」の正体に迫る。

ルポ名門校 ─「進学校」との違いは何か?
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0237
  • 整理番号:1645
  • 刊行日: 2022/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-07471-3
  • JANコード:9784480074713
おおたとしまさ
おおたとしまさ

オオタトシマサ

1973年東京都生まれ。教育ジャーナリスト。麻布中学校・高等学校卒業、東京外国語大学外国語学部英米語学科中退、上智大学外国語学部英語学科卒業。30歳で株式会社リクルートから独立後、数々の育児誌・教育誌の編集にかかわる。育児や教育の現場を丹念に取材し斬新な切り口で考察する筆致に定評がある。中高の教員免許をもち、私立小学校での教員経験、心理カウンセラーとしての活動経験もある。全国紙から女性誌、ラジオ、テレビまで幅広いメディアで取材成果を発信している。著書は、『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)、『ルポ教育虐待』(ディスカヴァー携書)、『ルポ森のようちえん』(集英社新書)、『なぜ中学受験するのか?』(光文社新書)など70冊以上がある。

この本の内容

「名門校」は単なる「進学校」と何が違うのか?男女御三家、地方公立名門校など全国30校を丹念に取材。旧制中学、藩校、女学校、大学予科など系譜別に、名門校に棲みつく「家付き酵母」の正体に迫る。それぞれの名門校に受け継がれる文脈の壮大さ奥深さそして人間臭さを知ってしまうと、偏差値や進学実績といった瞬間的かつ一面的な基準で学校を論ずる無意味さや、場当たり的な教育改革議論に対する違和感あるいは嫌悪感から逃れられなくなってしまうだろう。

この本の目次

序章 日比谷高校の悲劇
第1章 旧制中学からの系譜
第2章 藩校からの系譜
第3章 女学校からの系譜
第4章 大学予科・師範学校からの系譜
第5章 大正・昭和初期生まれの学校
第6章 戦後生まれの星
第7章 学校改革という決断
終章 進学校と名門校は何が違うのか?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可