差別の民俗学

赤松 啓介

人間存在の病巣〈差別〉。実地調査を通して、その実態・深層構造を詳らかにし、根源的解消を企図した赤松民俗学のひとつの到達点。
【解説: 赤坂憲雄 】

差別の民俗学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0139
  • 整理番号:ア-21-2
  • 刊行日: 2005/07/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-08894-6
  • JANコード:9784480088949

この本の内容

「柳田民俗学の最大の欠陥は、差別や階層の存在をみとめないことだ。いつの時代であろうと差別や階層があるかぎり、差別される側と差別する側、貧しい者と富める者とが、同じ風俗習慣をもっているはずがない。」すべての底辺、すべての下層からその民俗を掘り起こし、人間存在の根源的病巣「差別」の起源と深層構造に迫った、民俗学の巨人・赤松啓介のひとつの到達点。人間解放の原理、平等原理に貫かれた著者のまなざしは、限りなくあたたかい。

この本の目次

人間差別の回想―スジを中心にして(重層的差別構造
基層にある差別観念
複雑な被差別部落の起源 ほか)
もぐらの嫁さがし―昔話の階級性(朝鮮民潭もぐらの嫁探し(中里龍雄)
もぐらの嫁さがし(南方熊楠)
「もぐらの嫁探し」に就て(栗山一夫) ほか)
村落社会の民俗と差別(民俗学の開発
調査の階層性
裏街道の民俗 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可