宇宙をかき乱すべきか 下 ─ダイソン自伝

フリーマン・ダイソン 著 , 鎮目 恭夫 翻訳

ファインマン、オッペンハイマー等との交流。ヒトという種の未来を宇宙論的視野から考察した人間と科学との関係など。科学教養書の新しい古典。

宇宙をかき乱すべきか 下 ─ダイソン自伝
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0142
  • 整理番号:タ-25-2
  • 刊行日: 2006/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-08961-6
  • JANコード:9784480089618

この本の内容

相対性理論と量子力学を量子電気力学的に統合した数式「ダイソン方程式」を24歳で発表し、その後物質の安定性、相転移、重力理論等純粋物理研究の他、地球外知的文明、原子炉設計、核軍縮問題等広汎な分野で研究を続けている知性の巨人による自伝。科学のみならず、哲学、芸術、宗教等への深い造詣に裏打ちされた言葉は、科学・技術のあり方、ヒトという種の未来について叡智に満ち溢れている。宇宙論的視野に立ち、遠大な未来展望を与えてくれる本書は、基礎的な科学教養書の名著として名高い。下巻は、科学者の社会的良心、地球外生物の探索、宇宙空間の利用、心と思考の考察などのエピソードを収録。

この本の目次

2 アメリカ(国防の倫理
ドーヴァー・シャープの惨死
ドクター・モローの島
アレオパジティカ―科学研究の自由について)
3 地平を超えて(遠くにある鏡
思考実験
地球外の生物と文明
クレードとクローン―生物学的進化と文化の進化について
銀河系の緑化
地球に戻って
神の企図からの論証
地と天の夢)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可