あるヒステリー分析の断片 −ドーラの症例

ジークムント・フロイト 著 , 金関 猛 翻訳

『ヒステリー研究』と『夢解釈』の交差点に立つフロイトの代表的症例研究。疾病利得、転移、症状と性衝動など、精神分析の基本的知見がここに。

あるヒステリー分析の断片 −ドーラの症例
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:フ-4-6
  • 刊行日: 2006/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-08984-5
  • JANコード:9784480089847

この本の内容

ドーラに何が起こったのか。夜尿、偏頭痛、咳、そして失声、失神。このユダヤ人少女の病は長く重い。原因はわからない、あるいは多すぎる。しかしフロイトは言う、「口を閉ざす者は指先で語り、体中の毛穴からは秘密が漏れ出てくる」と。その分析と治療ははたして成功したのだろうか。「夢とヒステリー」と題された本作は、『ヒステリー研究』と『夢解釈』を書いたフロイトが、精神分析の理論と技法をいっそう成熟させた有名な症例研究である。疾病利得、症状行為、転移といった基礎概念に具体的な裏づけが与えられる。そのロマネスクな文体の魅力に加え、「いままでに書いたなかでもっとも精妙なもの」とフロイトが自賛する作品が新訳で登場。

この本の目次

第1章 病状
第2章 第一の夢
第3章 第二の夢
第4章 あとがき

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可