かたり  ─物語の文法

坂部 恵

馥郁たることばの世界へ

物語は文学だけでなく、哲学、言語学、科学的理論にもある。あらゆる学問を貫く「物語」についての領域横断的論考。
【解説: 野家啓一 】

かたり  ─物語の文法
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:サ-24-1
  • 刊行日: 2008/02/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-09133-8
  • JANコード:9784480091338
坂部 恵
坂部 恵

サカベ メグミ

1936年、神奈川県生まれ。1959年、東京大学文学部哲学科卒業。1965年、同大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。国学院大学専任講師、東京都立大学助教授、東京大学助教授、同教授、桜美林大学教授を経て、現在は東京大学名誉教授。1976年、『仮面の解釈学』(東京大学出版会)で山崎賞受賞。1986年、主に『和辻哲郎』(岩波書店)の業績により、サントリー学芸賞受賞。2002年、紫綬褒章受章。その他の著書に『鏡のなかの日本語』(筑摩書房)、『坂部恵集 全5巻』(岩波書店)、『カント』(講談社)など多数。

この本の内容

「歴史学は客観主義、実証主義の過度の呪縛から逃れ、小説の手法を用いながら、具体的な効果を現さなければならない」。この折口信夫の論を受け著者は、虚構―実録の双方根底に“かたり”という共通の基盤を見出した。歴史を伝える上で「(過去を)はなす」のか「かたる」のか、それら馴染み深い言葉の用法を比較しながら、物語を提示する「言語」の位相を考察。その帰結で科学の理論と、物語・詩との間に著しい類似点があることが披露される。カント研究第一人者でありながら、哲学の枠を超え、和洋の垣根なく、領域横断的な発想をもつ著者ならではの縦横無尽な論究。

この本の目次

第1章 “かたり”の基底(詩と歴史
人文科学としての“かたり”
〈かたり〉の回路)
第2章 “かたり”の位相(言語行為としての“かたり”
“かたり”と“はなし”
垂直の言語行為・水平の言語行為
〈かたり〉と〈ふり〉
〈かたり〉の位相)
第3章 “かたり”の時間―いまはむかし(“むかし”と“いにしへ”
“かたり”の時制―H.ヴァインリヒに即して
浮き彫り付与とアオリスト
発話の方向
時制の移行・時制の転移)
第4章 “かたり”と“うた”と人称と(ヤーコブソンの二軸理論
言語の詩的機能と人称の転移
時間の詩的転移としての〈かたり〉)
第5章 “かたり”と世界―time immemorial(時間とのたわむれ・時間の可逆性
詩と科学そしてアオリスト)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可