友だちは無駄である

佐野 洋子

でもその無駄がいいのよ
つまらないことや無駄なことって、たくさんもっていればいるほど魅力なのよね

でもその魅力がいいのよ。つまらないことや無駄なことって、たくさんあればあるほど魅力なのよね。一味違った友情論。
【解説: 亀和田武 】

友だちは無駄である
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 638円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:さ-5-4
  • 刊行日: 2007/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-42309-2
  • JANコード:9784480423092
佐野 洋子
佐野 洋子

サノ ヨウコ

(1938-2010)北京生まれ。武蔵野美術大学卒業。絵本、小説、エッセイの各分野で活躍。2003年紫綬褒章受章。絵本に『100万回生きたねこ』、『おじさんのかさ』(サンケイ児童出版文化賞推薦)、『わたしが妹だったとき』(新美南吉文学賞)、エッセイ集に『がんばりません』『私はそうは思わない』、『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)、『シズコさん』『役にたたない日々』など。

この本の内容

友だちってなんだろう?「友だちというものは無駄な時をともについやすものなのだ。何もしゃべることなぞなく、ただ石段にすわって、風に吹かれて何時間もボーっとしたことのある友だち。失恋した友だちにただふとんをかぶせる事以外何も出来なかった日。中身が泣いているふとんのそばで、わたしはかつおぶしをかいていた」。佐野洋子は友だちをこんなふうに思っている。

この本の目次

子どもって、たいへんだったなあ(友人を必要としない人もいる
三角関係のバランスを学習したころ)
肉親ではない他人を求める時(いじめられたこと、よかったと思ってる
友情を育てるために遊んでいるんじゃない ほか)
それぞれの人生はじまってしまうものなんだ(好きな子のこと
少しずつ人生がはじまってきた)
自然にまた情が情を呼んじゃうんだよね(偽善を学ぶのも大事なこと
女の友だち ほか)
おとなになった私は女友だちとこんな話をしている(みんなが自分を誤解している?
人を傷つけた痛み ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可