昭和史探索 一九ニ六−四五 6巻

半藤 一利 編著

激しい戦いの果てに

運命を分けたミッドウエーの海戦、ガダルカナルの激闘、レイテ島、沖縄戦……戦闘記録を中心に太平洋戦争の実態を探索するシリーズ完結篇。

昭和史探索 一九ニ六−四五 6巻
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:は-24-8
  • 刊行日: 2007/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:624
  • ISBN:978-4-480-42327-6
  • JANコード:9784480423276
半藤 一利
半藤 一利

ハンドウ カズトシ

1930年生まれ。作家。東京大学文学部卒業後、文藝春秋社入社。「文藝春秋」「週刊文春」の編集長を経て専務取締役。同社を退社後、昭和史を中心とした歴史関係、夏目漱石関連の著書を多数出版。主な著書に『昭和史』(平凡社 毎日出版文化賞特別賞受賞)、『漱石先生ぞな、もし』(文春文庫新田次郎文学賞受賞)、『聖断』(PHP文庫)、『決定版 日本のいちばん長い日』(文春文庫)、『幕末史』(新潮文庫)、『それからの海舟』(ちくま文庫)等がある。2015年、菊池寛賞受賞。

この本の内容

名著『昭和史』の著者が長年の昭和史研究の中で選びだした史料と共に、歴史を動かした重大な事件の背景を探索する待望のシリーズ。数多くの史料の中から読者に読みやすくかつ価値のある著作を厳選、抜粋。その背景にある時々の情勢、時代の空気を一年ごとに分析した書き下ろしの解説を付す。運命を分けたミッドウエーの海戦、ガダルカナルの激闘、インパール作戦の失敗、レイテ島、沖縄戦、特攻…戦闘記録を中心に昭和十七‐二十年、太平洋戦争の実態を探索するシリーズ完結篇。

この本の目次

昭和十七年から二十年の大きな流れ
昭和十七年(一九四二)(楽天的な要地占領の日程
白紙の第二段作戦計画
ミッドウェイ海戦の大敗北
ガダルカナル島への米軍上陸
ガ島をめぐる六つの大海戦)
昭和十八年(一九四三)(ガ島撤退後の目を覆う戦力消耗
山本五十六長官の戦死
「絶対国防圏」の構築
出陣学徒壮行会と大東亜会議)
昭和十九年(一九四四)(無謀なインパール作戦
サイパン失陥と東条内閣の倒壊
栗田艦隊反転のナゾ
統率の外道・特攻)
昭和二十年(一九四五)(“戦う大元帥”の憂愁
主要都市はすべて焼野原
鈴木内閣の成立と「大和特攻」
和平の突破口が…
大日本帝国降伏す)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可