自然治癒力を高める快療法 ─セルフ・ケアと穀物菜食レシピ

橋本 俊彦 著 , 橋本 雅子

気持よくて、
美味しくて健康になる

「快療法」は、「操体法」や温熱療法で、心身を気持ちよい方に動かしバランスをとる健康法。それと美味で健康的な料理で免疫力アップ。
【解説: 瓜生良介 】

自然治癒力を高める快療法 ─セルフ・ケアと穀物菜食レシピ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 836円(税込)
  • Cコード:0177
  • 整理番号:は-39-1
  • 刊行日: 2011/03/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42808-0
  • JANコード:9784480428080
橋本 俊彦
橋本 俊彦

ハシモト トシヒコ

1956年福島県生まれ。鍼灸師。東京医療福祉専門学校卒業。鍼灸学校在学中に東京のほびっと村で快療法に出会う。福島県三春町にて「はしもと治療室」を開業、快療法の健康相談と講座を開いている。

橋本 雅子
橋本 雅子

ハシモト マサコ

1957年東京都生まれ。学習院大学ドイツ文学科卒業。子育てを通して穀物菜食料理を学び、料理教室を開催してきた。現在はドイツ語通訳案内士、翻訳の仕事に従事。訳書に『熱帯雨林からの声』(野草社刊)。

この本の内容

「快療法」は、心とからだを気持ちよく動かしてバランスをとるセルフ・ケアの方法です。からだの歪みを治す操体法、免疫力を高める内臓の温熱療法、足の運動法やソフト断食など、気持ちよく続けられて効果的な手当て法です。本書ではさらに、おいしい穀物菜食のレシピ集も添えました。セルフ・ケア入門に最適の一冊。

この本の目次

第1章 息・食・動・想・環のバランス―自然治癒力を引き出すために(息=呼吸
食=飲食 ほか)
第2章 筋・骨格の歪みを治す(操体法―からだを気持ちよく動かす
操体法の実際 ほか)
第3章 免疫力を高める内臓の手当て法(肝臓、腎臓、脾臓=胸腺の働きとは
内臓の効果的な手当て法 ほか)
第4章 「出すこと」―引き算健康法(砂浴
ソフト断食 ほか)
第5章 穀物菜食(穀物と野菜の料理)レシピ集(主食
主菜:おかず ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可