異界を旅する能 ─ワキという存在

安田 登

苦境があってもリセットできる

「能」は、旅する「ワキ」と、幽霊や精霊である「シテ」の出会いから始まる。そして、リセットが鍵となる日本文化を解き明かす。
【解説: 松岡正剛 】

異界を旅する能 ─ワキという存在
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 814円(税込)
  • Cコード:0174
  • 整理番号:や-40-2
  • 刊行日: 2011/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-42833-2
  • JANコード:9784480428332
安田 登
安田 登

ヤスダ ノボル

1956年生まれ。能楽師、公認ロルファー(米国のボディワーク、ロルフィングの専門家)。主な著書に『身体能力を高める「和の所作」』(ちくま文庫)、『疲れない体をつくる「和」の身体作法』『能に学ぶ「和」の呼吸法』(以上、祥伝社)、『身体感覚で『論語』を読みなおす。』『10のキーワードで味わう『論語』智恵を読み解く古代文字』(春秋社)など。

この本の内容

能の物語は、生きている「ワキ」と、幽霊や精霊である「シテ」の出会いから始まる。旅を続けるワキが迷い込んだ異界でシテから物語が語られる。本書では、漂泊することで異界と出会いリセットする能世界、そして日本文化を、能作品の数々を具体的に紹介しながら解き明かす。巻末に、本書に登場する46の能作品のあらすじを収録。

この本の目次

序章(台北での体験から
ワキがある「ところ」に行きかかり、シテと出会う ほか)
第1章 異界と出会うことがなぜ重要か(定家(一)不思議な墓
定家(二)心の秋 ほか)
第2章 ワキが出会う彼岸と此岸(無力なワキ
「旅」がワキのキーワード ほか)
第3章 己れを「無用のもの」と思いなしたもの(「空洞」な旅人
敦盛(一) ほか)
第4章 ワキ的世界を生きる人々(ワキ的世界に入れる人、入れない人
芭蕉は能の旅をしたかった ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可