游侠奇談

子母澤 寛

正史に残らない侠客の跡を訪ね
実像に迫った、先駆的傑作!

飯岡助五郎、笹川繁蔵、国定忠治、清水次郎長……正史に残らない侠客達の跡を取材し、実像に迫る、游侠研究の先駆的傑作。
【解説: 松島榮一/高橋敏 】

游侠奇談
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:し-36-1
  • 刊行日: 2012/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-42906-3
  • JANコード:9784480429063
子母澤 寛
子母澤 寛

シモザワ カン

1892―1968小説家。北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)出身。江戸幕府の御家人で彰義隊の生き残りの祖父のもとで溺愛されて育つ。明治大学法学部在学中は弁護士志望であったが、いったん帰郷したあと再度上京、読売新聞社会部記者になり、ついで東京日日新聞の記者となった。在職中に、聞書きによる優れた考証もの『新選組始末記』『新選組遺聞』『幕末巷談』『游侠奇談』などを執筆。四十一歳で職を辞し、以後、幕末維新に題材をとった作品を続々と発表した。代表作に『勝海舟』『父子鷹』など。

この本の内容

政治が弱体化し、自然災害による飢饉が頻発した江戸後期に、江戸およびその近郊に並びたった侠客たち。下総の飯岡助五郎、笹川繁蔵、佐原喜三郎、上州の国定忠治、江戸の相模屋政五郎、駿河の清水次郎長、他の游侠の徒たち…「長脇差」「渡世人」とも呼ばれ、正史には残らない彼らの跡をたずね、文献を漁り、古老に取材し、その実像に迫った、游侠研究の先駆的傑作。

この本の目次

飯岡の助五郎
笹川の繁蔵
佐原の喜三郎
国定忠治
相模屋政五郎
清水の次郎長
遊侠譚

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可