隅田川の向う側 ─私の昭和史

半藤 一利

著者自らが体験した
「昭和史」とは

下町の悪がきだった少年時代、九死に一生を得た3・10の大空襲、長岡への疎開……「昭和」という時代の青春期を描く極私的昭和史エッセイ。

隅田川の向う側 ─私の昭和史
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:は-24-17
  • 刊行日: 2013/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43062-5
  • JANコード:9784480430625
半藤 一利
半藤 一利

ハンドウ カズトシ

1930年生まれ。作家。東京大学文学部卒業後、文藝春秋社入社。「文藝春秋」「週刊文春」の編集長を経て専務取締役。同社を退社後、昭和史を中心とした歴史関係、夏目漱石関連の著書を多数出版。主な著書に『昭和史』(平凡社 毎日出版文化賞特別賞受賞)、『漱石先生ぞな、もし』(文春文庫新田次郎文学賞受賞)、『聖断』(PHP文庫)、『決定版 日本のいちばん長い日』(文春文庫)、『幕末史』(新潮文庫)、『それからの海舟』(ちくま文庫)等がある。2015年、菊池寛賞受賞。

この本の内容

昭和史関連の著書を多く持つ著者が、自ら体験した「昭和史」とは如何なるものであったか。後の王選手に相撲を教えた少年時代、命の危険にさらされた昭和20年3月10日の大空襲、疎開した長岡時代、戦後の東大ボート部…著者自身と「昭和」という時代の青春期をみずみずしく描く極私的昭和史エッセイ。

この本の目次

第1章 隅田川の向う側―昭和五十七年(1982)(背番号
桜もち
其角と不覚 ほか)
第2章 わが雪国の春―昭和五十八年(1983)(恋人たち
駈け足
獅子吼 ほか)
第3章 隅田川の上で―昭和五十九年(1984)(いの一番
ロンドン大会
橋の話 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可