小説 永井荷風

小島 政二郎

「荷風は大事な一生を誤った」
封印されていた評伝、
ついに文庫化。

荷風を熱愛し、「十のうち九までは礼讃の誠を連ねた中に、ホンの一つ」批判を加えたことで終生の恨みをかってしまった作家の傑作評伝。
【解説: 加藤典洋 】

小説 永井荷風
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:こ-44-1
  • 刊行日: 2013/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-43116-5
  • JANコード:9784480431165
小島 政二郎
小島 政二郎

コジマ マサジロウ

(1894-1994)小説家、随筆家、俳人。東京下谷に生まれ育った。慶應義塾大学在学中から「三田文学」に作品を発表。1922年『一枚看板』で文壇にみとめられ、以後『花咲く樹』『人妻椿』『新妻鏡』など人気作を発表、映画化もされるなど、戦前から戦後にかけて一世を風靡した。文壇の中心人物としても活躍。『わが古典鑑賞』は批評家としての見識が、『眼中の人』は対象文壇史の生きる資料として、高く評価されている。

この本の内容

「十のうち九までは礼讃の誠を連ねた中に、ホンの一つ、荷風文学の病弊と見た点を指摘したこと」で終生の恨みを招いた。芸術家が人情に興味を持ってはおしまいだ、「新橋夜話」「すみだ川」は生命の旋律が響いてこない。鴎外、芥川、佐藤春夫との付き合い、ゴシップ、エピソードなど文壇裏話を交えて、人間永井荷風を活写する。幻と言われた傑作作品の文庫化。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可