ソーの舞踏会 ─バルザック・コレクション

バルザック 著 , 柏木 隆雄 翻訳

バルザックの醍醐味を!
傑作揃いの〈人間喜劇〉からセレクトする3冊のコレクション、第1回

名門貴族の美しい末娘は、ソーの舞踏会で理想の男性と出会うが身分は謎だった……驕慢な娘の悲劇を描く表題作に、『夫婦財産契約』『禁治産』を収録。

ソーの舞踏会 ─バルザック・コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0197
  • 整理番号:は-19-3
  • 刊行日: 2014/04/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-43161-5
  • JANコード:9784480431615
バルザック
バルザック

バルザック

1799年トゥールに生まれ、パリ大学法学部を出て、法律事務所も経験、大衆小説から出発し、出版、印刷、活字鋳造とすべてに失敗。1829年歴史小説『ふくろう党』で再出発。以後20年にわたって復古王政、7月王政下のブルジョワ社会を活写する『人間喜劇』約90篇を執筆。1850年パリの自宅で没。

柏木 隆雄
柏木 隆雄

カシワギ タカオ

1944年生まれ。大手前大学学長。フランス19世紀文学、比較文学。著書に『イメージの狩人─評伝ジュール・ルナール』(臨川書店)、『謎とき「人間喜劇」』(ちくま学芸文庫)。

この本の内容

傑作ぞろいの“人間喜劇”からセレクトする3冊のコレクション、第1回。革命期に奮戦した名門貴族の末娘エミリーは、美貌と才気に恵まれていながら、甘やかされ驕った心の娘に育った。ある日、ソーの村の舞踏会で理想の若者と出会い愛し始めるが、その身分は謎に包まれていた…。驕慢な娘の悲劇を描いた表題作に、尽きせぬ味わいの中編『夫婦財産契約』『禁治産』を収める。

この本の目次

ソーの舞踏会
夫婦財産契約
禁治産

読者の感想

2014.6.12 片山和子

文章の表現力が魅力的で日本文学を読んでいるようでした。
 従来の翻訳本は訳す方が文字に忠実になさっておられるのでストーリーを読む感がいたしておりましたが柏木様のは、とても表現が素敵なので心豊かに読むことができました。


 日本文学にも精通でないとこの表現は出来ないとのではと感じました。感激いたしました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可