身近な生きものの子育て奮闘記 ─育児上手なオスはモテる!

稲垣 栄洋

奇想天外! オスの子育て
文庫書き下ろし

子育てに関心を持つ男親「イクメン」は実は人間だけではない。太古の昔から魚も鳥も恐竜も、オスが子育てに参加してきた。動物たちの育児に学ぼう!

身近な生きものの子育て奮闘記 ─育児上手なオスはモテる!
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 748円(税込)
  • Cコード:0145
  • 整理番号:い-71-5
  • 刊行日: 2014/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-43189-9
  • JANコード:9784480431899
稲垣 栄洋
稲垣 栄洋

イナガキ ヒデヒロ

1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。専攻は雑草生態学。農林水産省、静岡県農林技術研究所等を経て、静岡大学大学院教授。農業研究に携わる傍ら、雑草や昆虫など身近な生き物に関する著述や講演を行っている。著書に、『植物はなぜ動かないのか 弱くて強い植物のはなし』(ちくまプリマー新書)、『身近な雑草の愉快な生きかた』『身近な野菜のなるほど観察録』『身近な虫たちの華麗な生きかた』『身近な野の草 日本のこころ』『身近な生きものの子育て奮闘記』(以上、ちくま文庫)、『たたかう植物 仁義なき生存戦略』(ちくま新書)など。

この本の内容

「イクメン」という言葉に代表されるように、父親も育児に参加する時代である。しかし自然界を見渡せば、太古の昔からオスが子育てに協力する生きものは少なくない。コウテイペンギンのオスは、冬の南極で、4か月もの間飲まず食わずで、エサ探しに出かけたメスの代わりに足の上で卵を温め、ヒナをかえすという。本書では動物や昆虫などのオスの子育てに焦点をあて、その奮闘ぶりを紹介する。

この本の目次

第1部 生物にとって「子育て」とは何か?(「男」の存在理由
「寿命」という戦略
生物にとって「子育て」とは何か?
「子育て」を進化させた人類
「夫婦」と「子育て」)
第2部 子育て上手なオスに学べ!(魚類の子育て
両生類の子育て
鳥類の子育て
哺乳類の子育て
虫たちの子育て)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可