あんな作家 こんな作家 どんな作家

阿川 佐和子

阿川佐和子
「聞く力」の原点ここにあり!

聞き上手の著者が松本清張、吉行淳之介、田辺聖子、藤沢周平ら57人に取材した。その鮮やかな手口に思わず作家は胸の内を吐露。

あんな作家 こんな作家 どんな作家
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:あ-21-4
  • 刊行日: 2014/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43202-5
  • JANコード:9784480432025
阿川 佐和子
阿川 佐和子

アガワ サワコ

東京都生まれ、慶応大学文学部卒業。「情報デスクTODAY」「筑紫哲也NEWS23」を経て、1992年アメリカに遊学。帰国後「報道特集」のキャスターとなる。現在、「ビートたけしのTVタックル」「サワコの朝」などに出演、インタビュアー、エッセイストとしても活躍。「週刊文春」の「阿川佐和子のこの人に会いたい」は、長期連載中。著書に『あんな作家こんな作家 どんな作家』(ちくま文庫)、『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著、講談社エッセイ賞)『ウメ子』(坪田譲治文学賞)『聞く力』『叱られる力 聞く力2』など多数。2014年、菊池寛賞受賞。

この本の内容

聞き上手、引き出し上手の阿川佐和子が、お歴々の作家に体当たり取材。「恋愛、趣味」など普通の質問から入ったのに、いつしか作家は胸の内を吐露するはめに。奥深く切り込んでゆく鮮やかな手並は、見え隠れする作家の素顔をすかさずキャッチ。登場作家57人。

この本の目次

民話ジョッキー―松谷みよ子
卑弥呼に内縁の夫あり―松本清張
素子の好き嫌い―新井素子
京都ミステリアス訪問―山村美紗
男と女のプライベート・タイム―山口洋子
カラッとハードボイルド―大沢在昌
避暑地のコンペンフォイ―宮本輝
作家と豚の脂身―吉村昭
突っぱりロック―山川健一
イスパノフィロとPR―逢坂剛〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可