ヒトラーのウィーン

中島 義道

二十世紀最大のルサンチマンを
生んだ爛熟の都市

最も美しいものと最も醜いものが同居する都市ウィーンで、二十世紀最大の「怪物」はどのような青春を送り、そして挫折したのか。

ヒトラーのウィーン
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 924円(税込)
  • Cコード:0122
  • 整理番号:な-27-6
  • 刊行日: 2015/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-43243-8
  • JANコード:9784480432438
中島 義道
中島 義道

ナカジマ ヨシミチ

1946年福岡県生まれ。東京大学法学部卒。同大学院人文科学研究科修士課程修了。ウィーン大学基礎総合学部修了(哲学博士)。電気通信大学教授を経て、現在は哲学塾主宰。著書に『私の嫌いな10の言葉』『私の嫌いな10の人びと』(以上、新潮文庫)『哲学の教科書』(講談社学術文庫)『哲学の道場』『人生を〈半分〉降りる――哲学的生き方のすすめ』(以上、ちくま文庫)『反〈絆〉論』(ちくま新書)『明るいニヒリズム』(PHP文庫)『生き生きした過去――大森荘蔵の時間論、その批判的解読』(河出書房新社)などがある。

この本の内容

二十世紀最大の「怪物」アドルフ・ヒトラー。画家になろうと十七歳で訪れた都市・ウィーンにおいて彼の夢は潰える。決定的な挫折を味わい、ユダヤ人への憎悪をかきたてたであろう、その青春時代。「最も美しいものと最も醜いものが自然に同居する不可解な街」ウィーンで若きヒトラーの足跡をたどりながら、怪物とその誕生の不可解さを捕らえる試み。

この本の目次

ウィーン西駅
シュトゥンペル通り三十一番地
造形美術アカデミー
シェーンブルン宮殿
国立歌劇場
ウィーン大学
国会議事堂
浮浪者収容所
独身者施設
リンツ
ブラウナウ
英雄広場

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可