重力と力学的世界 下 ─古典としての古典力学

山本 義隆

西欧近代において、古典力学はいかなる世界を発見し、いかなる世界像を作り出し、そして何を切り捨ててきたのか。歴史形象としての古典力学。

重力と力学的世界 下 ─古典としての古典力学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0142
  • 整理番号:ヤ-18-5
  • 刊行日: 2021/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-51034-1
  • JANコード:9784480510341
山本 義隆
山本 義隆

ヤマモト ヨシタカ

1941年、大阪府生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院博士課程中退。現在、学校法人駿台予備学校勤務。著書に『知性の叛乱』(前衛社)、『重力と力学的世界』(現代数学社)、『古典力学の形成』(日本評論社)、『解析力学』(共著、朝倉書店)、『磁力と重力の発見』『一六世紀文化革命』(以上、みすず書房)、訳書に、カッシーラー『アインシュタインの相対性理論』(河出書房新社)、同『実体概念と関数概念』(みすず書房)、ボーア『因果性と相補性』、同『量子力学の誕生』(以上、岩波書店)などがある。

この本の内容

ニュートンの力学は、ダランベールやラグランジュ、ラプラスによって数学的に改鋳され洗練されることで今日言う「ニュートン力学」へと変貌を遂げた。また地球の運動をほぼ完全に解明し、太陽系の安定性を理論的に証明することによって万有引力論への懐疑を一掃した。それは同時にニュートン自然哲学の根底にあった神学原理を物理学から追放することでもあり、ここに力学的世界像は確立される。しかし力学的自然観は、場の理論の登場で19世紀にその限界を明らかにする。そのことは、光や電磁気現象の力学的解明を目指したケルヴィン卿の挫折に示される。著者一連の科学思想史の原点、記念碑的著作の待望の復刊。

この本の目次

第10章 地球の形状と運動
第11章 力学的世界像の勃興
第12章 ラグランジュの『解析力学』
第13章 太陽系の安定の力学的証明
第14章 力学的世界像の形成と頓挫
第15章 ケルヴィン卿の悲劇

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可