英霊 ─世界大戦の記憶の再構築

ジョージ・L・モッセ 著 , 宮武 実知子 翻訳

第一次大戦の大量死を人々はいかに超克したか。仲間意識・男らしさの称揚、英霊祭祀等が「戦争体験の神話」を構築する様を緻密に描く。解説 今井宏昌

英霊 ─世界大戦の記憶の再構築
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0120
  • 整理番号:モ-18-2
  • 刊行日: 2022/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-51078-5
  • JANコード:9784480510785

この本の内容

近代戦争による大量死はいかに克服され、それはどのような政治的帰結をもたらしたか。仲間意識や男らしさ、自由のための意義ある戦争―フランス革命以来、義勇兵が紡ぎ出し、詩や軍歌、文学作品等を通じて支持された神話は、記念碑や戦没者墓地によりシンボル化され国民に共有された。西欧諸国で起きた「戦争体験の神話化」はキリスト教や自然崇拝を取り込んで発展し、英霊祭祀により死をも統合して、戦争への馴致と政治の残忍化を導いていく。それは第一次大戦後のドイツで頂点に達した…。18世紀末から第二次大戦後までを射程に、神話が犠牲に満ちた現実を覆い隠し、戦間期政治に影響する様を克明に描く。全面改訳。

この本の目次

新しい戦争
1 起盤となるもの(義勇兵の戦争
神話の創作)
2 第一次世界大戦(青年と戦争体験
英霊の祭祀
自然の流用
陳腐化の過程)
3 戦後の時代(ドイツ政治の残忍化
戦争の継続
第二次世界大戦、神話、戦後世代)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可