「さみしさ」の力 ─孤独と自立の心理学

榎本 博明

自分の内面に目が向かう青年期。個別性の意識とともに、痛切な「さみしさ」が生まれてくる。この感情と自立との関係を見つめなおす。

「さみしさ」の力 ─孤独と自立の心理学
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0211
  • 整理番号:351
  • 刊行日: 2020/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:160
  • ISBN:978-4-480-68375-5
  • JANコード:9784480683755
榎本 博明
榎本 博明

エノモト ヒロアキ

1955年東京生まれ。東京大学教育学部心理学科卒業。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理専攻博士課程中退。心理学博士。川村短期大学講師、カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授等を経て、現在MP人間科学研究所代表。おもな著書は『<自分らしさ>って何だろう?』(ちくまプリマー新書)、『<ほんとうの自分>のつくり方』(講談社現代新書)、『「上から目線」の構造』『「やりたい仕事」病』『「すみません」の国』(日経プレミアシリーズ)、『正しさをゴリ押しする人』(角川新書)など多数。

この本の内容

自分の内面に目が向かうようになる青年期。誰とも違う個別性の自覚とともに、痛切な「さみしさ」が生まれてくる。わかり合える友だちを求めながらも、心の中をのぞかれることへの抵抗感や比較意識からくる不安も強い。自立へと歩み出すために、さみしさの意味を見つめなおす。

この本の目次

第1章 「さみしさ」を感じるのは自立への第一歩(自分が嫌になることがある
親の言葉や態度に、なぜかイライラする ほか)
第2章 自己の個別性への気づきがもたらす「さみしさ」(自分と向き合うことで芽生える自己意識
自分だけみんなと違うように感じる ほか)
第3章 つながっていても孤独(仲間といると気が紛れる
つながっていないと不安 ほか)
第4章 孤独だからこそ、人を切実に求める(世界からの疎外感
さみしいからこそ、人と深くつながりたい ほか)
第5章 一人を持ちこたえる力(さみしさを取り戻す
一人でいられる力がないと不毛なつながりに縛られる ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可