木版画 どんぐりと山猫

宮沢 賢治 原作 , 畑中 純

名作「まんだら屋の良太」で知られる漫画家・畑中純が、宮沢賢治の作品を木版画で表現した。六八〇〇字を越える本文もすべて彫り込んだ、他に類を見ない力作。

木版画 どんぐりと山猫
  • シリーズ:単行本
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/04/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B5判
  • ページ数:80
  • ISBN:4-480-80340-8
  • JANコード:9784480803405
宮沢 賢治
宮沢 賢治

ミヤザワ ケンジ

1896-1933。岩手県花巻市の生まれ。生家は古着・質商。盛岡の高等農林学校在学中に詩や散文の習作をはじめる。日蓮宗に深く帰依し、一時上京して布教生活を送る。帰郷後は農学校で教えつつ多くの詩や童話を書く。やがて農学校を退職、「羅須地人協会」をつくり、農民への献身の生活に入った。生前はほとんど無名のままに死去。病床のなかで手帳に綴ったのが「雨ニモマケズ」の詩。

読者の感想

2013.10.07 でんでんむし

迫力があって、素直で、不思議で
迫力があって、素直で、不思議で

思わずふふふと笑ってしまうようなかわいい絵ですね。
恋人が古本屋で探して見つけてきてくれました。
私はこれまで、畑中純の作品を読んだ事はありませんでしたが、好きそうとの事。(宮沢賢治は好きだと思います)そして本当に、一目見て気にいりました。
畑中純の、宮沢賢治が好きすぎて?、絵だけでなく字の部分も、彫ってしまうところ(ページが進むにつれて、字の形や細かさがだんだん変わってくるところもおもしろい。)
(字と絵が一体化している。字も絵の一部みたいな感じ)
時折でて来る、絵だけのページも好きです。

上手く言えないのだけど、イマジネーションの豊かさ、自由さ、そしてあたたかさを感じました。
重版の予定はないのでしょうか?もっと多くの人に手に取ってほしいです。

2009.8.30 ゆっき

面白い!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可