敗戦野菊をわたる風

吉田 直哉

人生とは思い出の集積である―― 自分が消えたら共に消えてしまう、と気づいて切なく胸が痛む面影や風景を、そっと書きとめた 珠玉のエッセイ。画期的な半生記。

敗戦野菊をわたる風
  • シリーズ:単行本
  • 2,090円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/04/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-81433-7
  • JANコード:9784480814333

この本の内容

人生とは思い出の集積である―“自分が消えたら共に消えてしまう、と気づいて切なく胸が痛む面影や風景を、そっと書きとめた”珠玉のエッセイ。画期的な半生記。

この本の目次

林町の家
ドン白粉
駿河台の大樹
山椒魚の家
葡萄棚の下の怪物
「もうせん」のこと
反った白い指
ドンクと子猫
喪服の蝶
天主堂の向こう〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可