感じることば ─情緒をめぐる思考の実験

黒川 伊保子

ことばには、ひとを動かす表情がある。日本語の音に隠された〈意味〉ではまとめきれない〈情緒〉のかたち。その秘密を、科学で切り分け感性でひらく知的エッセイ集。

感じることば ─情緒をめぐる思考の実験
  • シリーズ:単行本
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/04/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:180
  • ISBN:4-480-81627-5
  • JANコード:9784480816276
黒川 伊保子
黒川 伊保子

クロカワ イホコ

1959年長野県生まれ。栃木県育ち。奈良女子大学理学部物理学科卒。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、コンサルタント会社、民間の研究所を経て、2003年(株)感性リサーチ設立、代表取締役に就任。脳機能論とAIの集大成による語感分析法を開発、マーケティング分野に新境地を開いた、感性分析の第一人者。また、その過程で性、年代によって異なる脳の性質を研究対象とし、日常に寄り添った男女脳論を展開している。倉敷芸術科学大学非常勤講師。日本感性工学会評議員。著書に『恋するコンピュータ』(筑摩書房)、『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』(新潮新書)、『恋愛脳』『夫婦脳』(新潮文庫)、『「しあわせ脳」に育てよう!』(講談社)、『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書)、『いい男は「や行」でねぎらう いい女は「は行」で癒す』(宝島新書)など多数。

著者に関する情報

オフィシャルサイトはこちら

この本の内容

なぜ、あの「ことば」が私を癒すのか。どうして、あの「ことば」に傷ついたのか。日本語の音の表情に隠された“意味”ではまとめきれない“情緒”のかたち。そのひみつを、科学で切り分け感性でひらく、エッセイ26篇。

この本の目次

デジタル美女の相槌
庶民のアクセサリー
二千年の癒し
男性脳の美学
雪国の魔法
「思い」の科学
愛しさの文脈
幸福な質問
始まりのものがたり
刹那の奇跡〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可