ライツ・オン! ─明治灯台プロジェクト

土橋 章宏

新時代を照らす
灯台を点灯せよ!
『超高速! 参勤交代』後の最新長篇

〈ダーク・シー〉と呼ばれた日本の海に近代灯台を建てよ! 明治二年の長崎・伊王島を舞台に困難なプロジェクトに立ち向かう男たちを描く爽快エンタテインメント。

ライツ・オン! ─明治灯台プロジェクト
  • シリーズ:単行本
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-81676-4
  • JANコード:9784480816764
土橋 章宏
土橋 章宏

ドバシ アキヒロ

1969年、大阪府生まれ。関西大学工学部を卒業後エンジニアとなる。その後、勤めていた会社を退社してシナリオを学び、TVドラマやラジオの脚本、小説を手がけて数々の賞を受賞する。2011年「超高速! 参勤交代」が第37回城戸賞を最高得点で受賞、2013年に小説が刊行され、2014年公開の映画は自身で脚本を務めて第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得し、作品も第57回ブルーリボン賞に。ほかの著書に『超高速! 参勤交代リターンズ』『幕末まらそん侍』『駄犬道中おかげ参り』『スマイリング!』『金の殿 時をかける大名・徳川宗春』など。

この本の内容

明治2年、日本を「未開の国」と見下すお雇い外国人リチャードと、ハーフゆえに日本で爪弾きにされてきた通訳の丈太郎は、船の故障で長期滞在することとなった長崎の伊王島で、佐賀藩の天才発明家・田中久重や伊王島の村人らと条約で定められた洋式灯台の建設に取りかかる。言葉と文化の違い、頑迷な日本の役人、想定外のトラブルなど立ちはだかる困難の前に孤島に光を灯すことはできるのか?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可