孤高の人

瀬戸内 寂聴

無類の毒舌と優しさ、資産家で吝嗇、一流好みで食魔、俗物嫌い――宮本百合子との同棲でも知られるロシア文学者湯浅芳子。その稀な個性を、縦横無尽に描き出す。

孤高の人
  • シリーズ:単行本
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/11/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-82333-6
  • JANコード:9784480823335

この本の内容

無類の毒舌と優しさ、資産家で吝薔、一流好みで食魔、俗物嫌い―宮本百合子との同棲でも知られるロシア文学者湯浅芳子。その稀な個性を、交友三十数年の著者が、深い人間観察と絶妙の表現で、縦横無尽に描き出す。

この本の目次

はじめて逢った頃
逃げた恋人
軽井沢の別荘
タクシー代
形見のきもの
もらいそこねた絵
ふるさと京都
俗物嫌い
猫の子
老人ホーム騒動〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可