太宰治という物語

東郷 克美

出発から死まで、主要な作品を論じながら「作家」太宰の軌跡を描く。自ら「太宰治」という物語を演じつづけ、ついには破滅せざるを得なかった、その内面に迫る。

太宰治という物語
  • シリーズ:単行本
  • 4,180円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-82344-1
  • JANコード:9784480823441

この本の内容

「太宰治」の虚像と実像。作家としての誕生から死まで。「晩年」から「人間失格」まで主要な作品を論じつつ太宰の虚実に迫る。自ら作品の中で「太宰治」という物語を書きつづけ、ついには作品と共に破滅していった内面を論究する力作。

この本の目次

逆行と変身―作家「太宰治」の誕生
フォークロアの変奏―「晩年」の実験1
小説の小説―「晩年」の実験2
大宰治という物語―「作中人物的作家」の方法
女性独白体の発見
「右大臣実朝」のニヒリズム―戦争と天皇
「津軽」論―周縁的世界への帰還
「お伽草紙」の桃源境
死に行く「母」の系譜
「人間失格」の渇仰

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可