立原道造 (新装版)

宇佐美 斉

光あふれる午前を夢見ながら早い死を迎えた若い詩人の深い闇を透視する卓抜な詩人論

立原道造がうたった「愛」や「しあはせ」の背後には、なぜ死のにおいや滅びの予感が漂っているのか。詩人の深い闇を透視し、戦慄的なまでに澄みわたる詩の謎を問う。

立原道造 (新装版)
  • シリーズ:単行本
  • 2,640円(税込)
  • Cコード:0092
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2006/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:280
  • ISBN:4-480-82359-X
  • JANコード:9784480823595

この本の内容

明るく澄んだソネットのなかで、立原道造がうたった「愛」や「しあはせ」の背後には、なぜ、死のにおいや滅びの予感が漂っているのか―ことばの鏡に映し出された生と死の戯れを観察し、存在論的な翳りを宿した詩人の精神の軌跡を苛酷な最後まで見つめて、戦慄的なまでに澄みわたる詩の成立の謎を問う。

この本の目次

1 ことばへの歩み
2 若い歌人
3 物語の成立
4 美しい村
5 中間者の歎き
6 どこへ?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可