伊勢物語評解

鈴木 日出男

和歌と詞章に浮かびあがる
人間の普遍的真実

和歌と詞章がたがいに照射しあうところに浮かびあがる人間の普遍的真実。「昔男」の物語全段を解きつくし評しつくし味わいつくす。要語ノート・作中和歌一覧を付す。

伊勢物語評解
  • シリーズ:単行本
  • 9,240円(税込)
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-82366-3
  • JANコード:9784480823663
鈴木 日出男
鈴木 日出男

スズキ ヒデオ

1938年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。成城大学教授、東京大学教授、成蹊大学教授を歴任。現在、東京大学名誉教授。専攻、古代日本文学。著書に新編日本古典文学全集『源氏物語1−6』(共著、小学館、1994−98年)新日本古典文学大系19−23『源氏物語1−5』(共著、岩波書店、1993−97年)『古代和歌史論』(東京大学出版会、1990年)『古代和歌の世界』(ちくま新書、1999年)『王の歌 古代歌謡論』(筑摩書房、1999年)『万葉集入門』(岩波ジュニア新書、2002年)『源氏物語歳時記』(筑摩書房、1989年)『源氏物語の文章表現』(至文堂、1997年)『源氏物語への道』(小学館、1998年)『源氏物語虚構論』(東京大学出版会、2003年)『源氏物語引歌綜覧』(風間書房、2013年)『連想の文体――王朝文学史序説』(岩波書店、2012年)ほか。

この本の内容

業平の歌をとりこみながらも、実在の業平からはるかに離陸する「昔、男」の物語。その虚構はいかに具体化されたか。和歌と詞章が照射しあうところに浮かびあがる人間の普遍的真実。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可