落日の譜 雁金準一物語

団 鬼六

団鬼六、絶筆。

団鬼六絶筆。次期本因坊を確実視されながら悲運一転、野に下った伝説の棋士・雁金準一が、一世一代の勝負、大正大争碁に挑むまで。待望の単行本化。

落日の譜 雁金準一物語
  • シリーズ:単行本
  • 2,640円(税込)
  • Cコード:0093
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/12/03
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-82374-8
  • JANコード:9784480823748
団 鬼六
団 鬼六

ダン オニロク

1931年生まれ。小説家・脚本家・映画プロデューサー。SMものの官能小説の第一人者であり代表作は「花と蛇」。自身のプロダクション「鬼プロ」でピンク映画を製作するとともにSM雑誌、写真集などの出版も手がける。89年に断筆宣言をするも、95年に賭け将棋の伝説的将棋指しを描く『真剣師・小池重明』で復活、作家活動を再開する。2011年没。

推薦のことば

唸るほどに面白い 大崎善生

[全文を読む]

この本の内容

若い頃から囲碁の才能に秀で、伊藤博文に可愛がられて人望厚く、次期本因坊を確実視されながら悲運一転、野に下った伝説の棋士・雁金準一。その雁金が再び本因坊に挑戦、一世一代の勝負、大正大争碁に挑むまで。将期界のアウトロー小説『真剣師 小池重明』に並ぶ傑作評伝。著者急逝のため未径に終わった本編に、高木祥一九段による解説「その後の雁金準一」を得てついに出版。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可