フランス小説界最大の衝撃作!

絶望の極北の闇にも希望の光は射すか――戦後フランス社会の激動の中で孤軍奮闘する主人公の、儚い幸せと過酷な運命を描き上げた深いペーソスが胸をえぐる衝撃作。

フランス的人生
  • シリーズ:単行本
  • 3,080円(税込)
  • Cコード:0097
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/01/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-83203-0
  • JANコード:9784480832030
ジャン=ポール・デュボワ
ジャン=ポール・デュボワ

デュボワ,ジャン=ポール

1950年トゥールーズ生まれ。左翼系週刊誌『ヌーヴェル・オプセルバトゥール』のレポーターとして活躍する一方で、1994年の処女作『ぼくは人生が怖い』以来、精力的に小説を書き続けている。本作『フランス的人生』がベストセラーとなり、2004年度のフェミナ賞を受賞したあとも順調に作品を発表している。

吉村 和明
吉村 和明

ヨシムラ カズアキ

1954年横浜生まれ。上智大学教授。専攻は19世紀フランス文学、表象文化。主要訳書、『ドーミエ版画集成』第二巻「劇場と法廷」(1994年、みすず書房)、オノレ・ド・バルザック『ラブイユーズ』(2000年、藤原書店)、ロラン・バルト『批評をめぐる試み』(2005年、みすず書房)など。

この本の内容

68年世代のポールは、まばゆいばかりの美しい富豪令嬢と出会い、結ばれる。写真家としても大成功をおさめた幸運な日々…そこに突如、すざまじい悲劇がつぎつぎと襲いかかる。ミッテラン大統領も登場、マラソンの円谷選手の哀切な死が綴られたり、スリルいっぱいの展開と絶望のさい果てのペーソスが胸をえぐる、フランスでベストセラーの話題作。

読者の感想

2009.6.08 よだみな

優秀な兄を亡くし、失望深い一家の中でポールは幼少期を過ごす。その後、セックス、ドラッグ、左翼思想にまみれた青春を謳歌し、やがてまばゆいばかりの美しい富豪令嬢と出会い、結ばれるのだが…。
家族を憂い、ペーソスあふれる語りで綴ったダメ男の半生。


ヌーヴェルヴァーグの映画が好きな人はぜひ。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可