時代が変わる時、妖精が動く。台頭する新思想と消えゆくものへの愛慕のあいだで、伝承はどう変化し、シェイクスピアら作家たちは何を描いたか。妖精学の名著。

妖精の時代
  • シリーズ:単行本
  • 3,520円(税込)
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/11/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:344
  • ISBN:4-480-83640-3
  • JANコード:9784480836403

この本の内容

『夏の夜の夢』『妖精の女王』など妖精文学が頂点をむかえたイギリスの17世紀。それは、既成の価値観が根本から揺らいだ時代だった。フォークロアの第一人者が伝承と文学を検証し、妖精という存在の意味を解きあかす名著。付録に妖精小事典、妖精物語を収める。

この本の目次

第1章 妖精が生きていた時代の風潮
第2章 一六世紀の妖精信仰
第3章 一七世紀の妖精について
第4章 シェイクスピアの妖精
第5章 小さい妖精の流行
第6章 ホブゴブリンと悪魔
第7章 仮面劇と芝居と詩に登場する田舎の妖精
第8章 妖精と魔法使い
第9章 妖精と幽霊
第10章 人魚と怪物
第11章 超自然的な生きもの

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可