ロートレアモン 越境と創造

石井 洋二郎

<越境>する詩人の創造の深い謎に迫る、
初の本格的な批評的評伝。

謎の天才詩人ロートレアモン――南米モンテビデオに生れ、タルブ、パリへと越境を繰り返した生涯を跡づけ、極限に紡がれたテクストを読み解く画期的な批評的評伝。

ロートレアモン 越境と創造
  • シリーズ:単行本
  • 8,580円(税込)
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/10/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:608
  • ISBN:978-4-480-83645-8
  • JANコード:9784480836458

著者からのメッセージ

越境する詩人の生涯[全文を読む]

この本の内容

深い謎につつまれた『マンドロールの歌』を遺して24歳で世を去った天才詩人ロートレアモン―。南米のモンテビデオから南仏のタルブ、ポー、そしてパリへと“越境”を繰り返した生涯を、実証研究の成果を踏まえて詳細に跡付け、文化的二重国籍者デュカスの作品創造の真実に多角的に迫る、画期的な詩人論。

この本の目次

ロートレアモンはどう読まれてきたか
第1部 モンテビデオ(「母」の喪失
言語という「外部」
災厄の記憶)
第2部タルブとポー(天使との遭遇
吸血鬼の形象
寄宿舎の悪夢
甦る肖像
文学と数学
孤独な「不可解主義者」)
間奏曲(モンテビデオふたたび)
第3部 パリ(首都の魅惑
「ロートレアモン伯爵」の誕生
パリの表象
垂直性の詩学
マルドロールの身体
『ポエジー』の方へ
真理から遠く離れて)
越境と創造

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可