ボディ・ソシアル ─身体と感覚の社会学

アンソニー・シノット 著 , 高橋 勇夫 翻訳

カラダは単なる物理的諸器官ではなく、社会・文化的な産出物である。哲学からポップカルチャーまでを概観し、時代と空間が構築した多様な身体、感覚を考察する。

ボディ・ソシアル ─身体と感覚の社会学
  • シリーズ:単行本
  • 3,960円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/12/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:488
  • ISBN:4-480-84246-2
  • JANコード:9784480842466

この本の内容

わたしの身体は誰のものか?身体の境界は?その意味は?価値は?そして身体はいかに生きられ、愛されるべきか。

この本の目次

1 身体―墓、神殿、機械、自己
2 ジェンダー―二元論そして対立する性
3 美と顔―真実と善良、鏡と仮面
4 髪―恥と栄光
5 感覚―謎とバランス
6 触覚―第一感覚
7 嗅覚―堕ちた天使と強力な魔法使い
8 視覚―目(アイ)と私(アイ)
9 身体と感覚

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可