賢者と羊飼い  ─フーコーとパレーシア

中山 元

自己と真理の問題系を
フーコーと共に

ギリシア哲学と初期キリスト教、この流れにおいて自己と真理の問題系はいかに変貌を遂げたか。フーコー晩年のパレーシア(真実を語ること)を壮大に展開する。

賢者と羊飼い  ─フーコーとパレーシア
  • シリーズ:単行本
  • 5,500円(税込)
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/02/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-84277-0
  • JANコード:9784480842770
中山 元
中山 元

ナカヤマ ゲン

1949年生まれ。東京大学教養学部中退。思想家・翻訳家。『フーコー入門』『高校生のための評論文キーワード100』(以上、ちくま新書)、『賢者と羊飼い』(筑摩書房)、『フーコー思想の考古学』(新曜社)、『フーコー 生権力と統治性』(河出書房新社)などの著書のほか、多数の翻訳書がある。インターネットの哲学サイト『ポリロゴス』を主宰。

この本の内容

古代ギリシアとヘレニズムの思想、ヘブライと初期キリスト教の思想。西洋哲学のはるかな二大源流に遡行してフーコーが切り拓いた“真理を語る=パレーシア”の概念を壮大に展開する意欲作。

この本の目次

第1部 賢者の伝統(賢者の登場
『オイディプス王』における真理
パレーシア
道徳的なパレーシア
エロスの弁証法
王と賢者―プラトンの試み
ヘレニズム時代における賢者)
第2部 羊飼いの権力(司牧者の権力
キリスト教と司牧
キリスト教と異教世界
結婚をめぐる三つの逆説
キリスト教における結婚の逆説―ギリシア教父の伝統
キリスト教における結婚の逆説―ラテン教父の伝統
キリスト教における司牧権力)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可