イギリスの工場・日本の工場 ─労使関係の比較社会学

ロナルド・ドーア 著 , 山之内 靖 翻訳 , 永易 浩一 翻訳

日英を代表する二大工場、日立とEnglish Electricの労使関係、経営組織の克明な比較研究により、終身雇用、年功序列を核とする「日本的経営」の原像を描いた名著。

イギリスの工場・日本の工場 ─労使関係の比較社会学
  • シリーズ:単行本
  • 3,962円(税込)
  • Cコード:0050
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/10/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:514
  • ISBN:4-480-85242-5
  • JANコード:9784480852427
ロナルド・ドーア
ロナルド・ドーア

ドーア,ロナルド

1925年生まれ。イギリスの社会学者。専攻は日本の経済および社会構造、資本主義の比較研究。ロンドン大学名誉教授、同志社大学名誉文化博士、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス特別研究員、英国学士院、アメリカ芸術科学アカデミー会員、日本学士院客員。社会学のみならず、経済学、人類学、歴史学、比較産業研究の各分野に貢献した。主な著書に『イギリスの工場・日本の工場』(筑摩書房)、『働くということ』『金融が乗っ取る世界経済』(いずれも中公新書)、『誰のための会社にするか』(岩波新書)、『日本型資本主義と市場主義の衝突』(東洋経済新報社)

山之内 靖
山之内 靖

ヤマノウチ ヤスシ

1933-2014年。東京大学経済学部卒業後、東京大学大学院社会科学研究科博士課程修了。東京外語大学名誉教授、フェリス女学院大学名誉教授。経済学博士。専門は、現代社会理論、歴史社会学。著書に『イギリス産業革命の史的分析』『マルクス・エンゲルスの世界史像』『社会科学の方法と人間学』『現代社会の歴史的位相』『マックス・ヴェーバー入門』など。

この本の内容

「終身雇用・年功序列」を中核とする日本的労務管理は崩壊するのか。その答は,日英を代表する二大工場、日立vs.English Electricの比較研究が鋭く描き出す「日本的経営」の原像の中にある。労働組合は生き残れるか。

この本の目次

第1部 「工場」(4工場の概観
労働者―その構成、および採用・訓練方式
賃金
労働組合―その成員と組織
イギリスの労使関係
日本の労使関係
労使関係の要約
コミュニティとしての企業
権限、機能および身分
二つの雇用システム
いくつかの関連領域)
第2部 収斂の可能性(「日本的雇用システム」と最近の変化の傾向
イギリスは追いつくか)
第3部 過去と未来(日本的雇用システムの諸源泉
後発効果)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可