高度産業社会と国家

正村 公宏

国際通貨危機、NIESの追い上げ、保護主義の抬頭など、高度産業社会のかかえる諸問題を、「国家とそれを超えるもの」を機軸に追究、解明する意欲的共同研究。

高度産業社会と国家
  • シリーズ:単行本
  • 2,531円(税込)
  • Cコード:3033
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1988/04/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:312
  • ISBN:4-480-85433-9
  • JANコード:9784480854339

この本の内容

新技術・情報化によって十分豊かになったはずの高度産業社会のかかえる諸問題―国際通貨危機・NICsの急速な追いあげ、保護主義の台頭など―を、歴史と現状分析を通して解明・展望する。

この本の目次

序章 高度産業社会と国家
第1章 情報化社会とネットワーク型産業組織
第2章 情報化時代の技術と産業
第3章 ムラ型社会の組織と高度産業社会
第4章 産業社会を担う人々
第5章 ヨーロッパにおける国際主義・国民主義・地域主義
第6章 戦間期にみる国際主義の不在
第7章 日本企業の国際化
第8章 保護主義と自由主義
第9章 高度産業社会とソ連
第10章 金融の国際化と金融政策
第11章 財政と地域政策
第12章 現代の雇用問題とマクロ経済政策
第13章 福祉国家から福祉社会へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可