母の声、川の匂い ─ある幼時と未生以前をめぐる断想

川田 順造

隅田川が誘なうはるかなる記憶、灼熱のアフリカのドラムが甦らせた江戸木遣り、姉に長唄をさらう母の声など、江戸東京の地下水脈にたどる文化人類学者の自分史。

母の声、川の匂い ─ある幼時と未生以前をめぐる断想
  • シリーズ:単行本
  • 2,640円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2006/01/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-85598-X
  • JANコード:9784480855985

この本の内容

灼熱のアフリカのドラムが甦らせた江戸木遣り、姉に長唄をさらう母の声、寡黙な父の後ろ姿…。江戸東京の地下水脈のうちにたどる文化人類学者の自分史。

この本の目次

はじめに―自分史、そして地霊
母の声、川の匂い―ある幼時と未生以前をめぐる断想
下町
風の記憶
すみだ川―梅若幻想を育んだものは何か
終章 父の手紙

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可