裏社会の日本史 

フィリップ・ポンス 著 , 安永 愛 翻訳

中世における賤民から現代の都市にとり残された経済的弱者まで、また江戸の博徒や義賊から近代以降のやくざまで――フランス知識人が描いた貧困と犯罪の日本史。

裏社会の日本史 
  • シリーズ:単行本
  • 4,730円(税込)
  • Cコード:0021
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2006/03/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-85782-6
  • JANコード:9784480857828
フィリップ・ポンス
フィリップ・ポンス

ポンス,フィリップ

1942年パリ生まれ。政治学・社会学を学んだ後、東京日仏会館の研究員として1970年に来日。1975年に『ル・モンド』紙極東特派員に転身。1981年から5年間のローマ勤務をはさみ、東京在住。日本特派員の経験が長く、『ル・モンド』東京支局長も務めた。また、川端康成の『古都』の仏訳も手がけている。著書:『江戸から東京へ――町人文化と庶民文化』(筑摩書房) 他。

安永 愛
安永 愛

ヤスナガ アイ

1965年広島生まれ。現在静岡大学人文社会科学部教授。1988年東京大学文学部社会学科卒業。同大学にて社会学修士号および学術修士号取得。パリ第8大学に留学しDEA取得。専門は近現代フランス文学。翻訳書:パトリック・モディアノ『家族手帳』(水声社)。

この本の内容

中世における賎民から現代の都市にとり残された経済的弱者まで、また、江戸の博徒や義賊から近代以降のやくざまで―「ル・モンド」の日本特派員を務めるフランス知識人が、社会の周縁に生きる人々の営みの変遷をたどる意欲作。

この本の目次

第1部 日陰の人々(中世における周縁民
江戸期下層のヒエラルキー
国民国家の周縁で
大変容 ほか)
第2部 やくざ(江戸の犯罪
義賊
敗戦期のやくざから暴力団まで
やくざの組織・権威・伝統 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可