二・二六事件の幻影 ─戦後大衆文化とファシズムへの欲望

福間 良明

「昭和維新」の戦後とは?
「平成維新」が喧伝される今、
「情熱」への陶酔を問い直す

二・二六事件は戦後、映画や小説の題材となってきた。我々は一体何に魅了されてきたのか?「平成維新」が喧伝される今、「情熱」への陶酔を問い直す、渾身作!

二・二六事件の幻影 ─戦後大衆文化とファシズムへの欲望
  • シリーズ:単行本
  • 2,420円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/03/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-85803-0
  • JANコード:9784480858030

この本の内容

最大の「維新」運動にして、軍部による政治介入の契機となった二・二六事件。戦後それは、幾度となく映画や小説の題材となってきた。一体われわれは、二・二六事件の青年将校に何を求めたのか?「平成維新」が喧伝される今、「情熱」への陶酔を問い直す、渾身作。

この本の目次

序章 「昭和維新」のメディア論
第1章 「純粋」「正義」への違和―占領終結前後
第2章 陶酔の萌芽と躊躇い―一九六〇年前後
第3章 「純愛」と「勇壮」の拮抗―大学紛争の時代
第4章 「純粋さ」への耽溺―飽食の時代
終章 戦後メディア文化のなかの「ファシズム」―転換点としての「1968」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可