複雑系を超えて

上田 (よし)亮 著 , 西村 和雄 著 , 稲垣 耕作

未来を開く鍵として注目を集めている〈複雑系〉――世界初のカオス発見者・上田教授を中心に、国際的な学者がカオスの源流からポスト複雑系までを分り易く説く。

複雑系を超えて
  • シリーズ:単行本
  • 2,860円(税込)
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1999/02/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-86051-7
  • JANコード:9784480860514
西村 和雄
西村 和雄

ニシムラ カズオ

1946年生まれ。東京大学農学部卒、ロチェスター大学大学院経済学研究科博士課程修了。Ph.D.。東京都立大学助教授を経て、1997年より京都大学経済研究所教授。専攻は数理経済学。

この本の内容

未来を開く鍵として最も注目を集めている「複雑系」―世界初のカオス発見者・上田教授を中心に、国際的学者がカオスの源流からポスト複雑系、さらに人類進化の未来まで、時代を大きく変える知のパラダイム転換を第1世代研究者の視点から説く。

この本の目次

1 カオスの本質(カオスの本籍
カオスは至極当然な自然現象
第一世代のカオス研究者達
最先端の研究と言われだした時でも既に遅い?)
2 複雑系経済学とは何か(新古典派経済学とは何か
日本の経済政策
カタストロフィーからカオスまで
複雑系からポスト複雑系)
3 生命と知能を考える情報物理学へ(複雑さの科学を再考する
生物界と無生物界は異なるのか
カオスの縁の自己組織化法則
情報の法則も自然法則である)
5 
カオス―起源から未来へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可