アルツハイマー病は治る ─早期から始める認知症治療

ミヒャエル・ネールス 著 , 鳥取 絹子 翻訳

最新研究をもとに新たな治療法を提言する独仏ベストセラー。生活習慣と食事の改善、運動、補助的医療を組合わせた6か月の集中治療で劇的改善。予防にも使える。

アルツハイマー病は治る ─早期から始める認知症治療
  • シリーズ:単行本
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0047
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/08/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-86084-2
  • JANコード:9784480860842
ミヒャエル・ネールス
ミヒャエル・ネールス

ミヒャエル・ネールス

1962年ドイツ生まれ。分子遺伝学の論文で医学博士号を取得後、製薬会社で糖尿病や循環器系疾患などいわゆる「文明病」の治療薬開発にたずさわる。その間、医学書を共著で出版し、ドイツやアメリカの大学で研究指導もおこなう。2007年、薬に頼らず自らの健康を取り戻したのを機に退職、独自に研究を続ける。アルツハイマー病に関する2冊を含む4冊の著書がある。

鳥取 絹子
鳥取 絹子

トットリ キヌコ

翻訳家。既刊訳書に『ビッグデータという独裁者』(筑摩書房)ほか多数。近刊訳書に『帝国の最期の日々』上・下(原書房)、『呪われた土地の物語かつて何かが起きた、そしてこれから起こるかもしれない40の場所』(河出書房新社)がある。

この本の目次

第1部 アルツハイマー病研究の現状(ついに希望が見えてきた!
この病気について現在わかっていること ほか)
第2部 診断が下されたらどうするか?―その前からできる有効な対策とは(正面から病気と向き合う
一緒にアルツハイマーを克服する ほか)
第3部 集中治療とその効果(抗アルツハイマーにシステム治療を
全体的な治療効果)
第4部 「私はアルツハイマーだった」と言える日(科学的な根拠
システム治療の七つの根拠 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可