批判精神の航跡 ─近代日本精神史の一稜線

長谷川如是閑――吉野作造――そして丸山眞男。大正時代以降戦後まで、リベラルでラディカルな社会批判・政治批判・文明批判を実践した精神の稜線をたどる。

批判精神の航跡 ─近代日本精神史の一稜線
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,500円+税
  • Cコード:1021
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-86105-X
  • JANコード:9784480861054

この本の目次

1 長谷川如是閑(アイロニーの銃眼―如是閑のラディカリズム
明治末年の或る精神風景 ほか)
2 吉野作造(吉野作造の哲学と生き方
吉野作造の留学時代
ナショナル・デモクラットと「社会の発見」)
3 インテルメッツォ―和辻哲郎・福沢諭吉(『偶像再興』における和辻哲郎の「転向」―大正教養主義と「日本回帰」
福沢輸吉の日本近代化構想と西欧観・アジア観)
4 丸山真男(「戦後」初発点における丸山真男
1970年代以後の状況と「古層」論 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可