勤勉革命 ─資本主義を生んだ17世紀の消費行動

ヤン・ド・フリース 著 , 吉田 敦 翻訳 , 東風谷 太一 翻訳

産業革命は暮らしを良くしようと西洋の各世帯で行われた労働力の再配置と消費内容の見直しが引き起こした。西洋史学最新の研究成果。

勤勉革命 ─資本主義を生んだ17世紀の消費行動
  • シリーズ:単行本
  • 4,400円(税込)
  • Cコード:0020
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2021/03/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-86137-5
  • JANコード:9784480861375
吉田 敦
吉田 敦

ヨシダ アツシ

パリ第10大学(DEA)、パリ第1大学(ソルボンヌ)博士課程退学後、明治大学国際平和研究所研究員。専門は国際貿易論。著書に『グローバリゼーションと国際貿易』(共著/大月書店)、『モロッコを知るための65章』(共著/明石書店)、『東アジア地域協力の共同設計』(共著/西田書店、2009年)、『アルジェリアを知るための62章』(共著/明石書店、2009年)などがある。

この本の内容

エンクロージャーによる新たな労働者層の誕生や安価な石炭の存在など、工業化に必要な要素がそろっていたとしても、それを実行に移すモチベーションがなければ、産業革命など起こるはずがない。本書は、これまで一貫して、この歴史学の空白地帯であったモチベーション―「消費願望」―について考察を展開してきた第一人者による、画期的研究である。産業革命はヨーロッパ世界を経済発展に導く契機となったが、それには人々の消費行動を変えた「勤勉革命」(Industrious Revolution)と呼ぶべき、産業革命に先行する社会現象がきわめて重要な役割を担っていた。そう、「あれも欲しい、これも欲しい」という人間の欲望の高まりが現金収入の必要性を生み、人々を労働市場に駆り立て、産業革命のうねりを作り出したのである。

この本の目次

第1章 「長い一八世紀」における消費者の欲望の転換
第2章 勤勉革命の歴史的起源
第3章 勤勉革命―労働力の供給
第4章 勤勉革命―消費需要
第5章 大黒柱と内助の功
第6章 第二次勤勉革命

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可