患者追放

向井 承子

病院に入院を拒まれたり、治療を拒否される老人が急増している。老人や重症患者に何が起きているのか。「健康でないかぎり淘汰されるいのち」の時代のはじまりか。

患者追放
  • シリーズ:単行本
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-86349-4
  • JANコード:9784480863492

この本の内容

病院に入院を拒まれたり、治療を拒否される老人が急増している。老人や重症患者をとりまく環境はなぜ激変したのか。「健康でないかぎり淘汰されるいのち」の時代のはじまりなのか。

この本の目次

第1章 老いをみる(母をみとって
あいまいな生死 ほか)
第2章 いま現場で(なぜこの人たちが在宅に?
ある投稿―重症患者の受け皿がない ほか)
第3章 死を誘う(殺し合う老人たち
ルビコンを渡る ほか)
終章 国民健康運動(健康が「国民の責務」になった
健康の政治 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可