秩序の夢 ─政治思想論集

苅部 直

政治思想史研究の
新たな視座を切り拓く最新論集

時代の奔流にあらがい、来るべき時代を見据えて紡がれた、政治への思考。丸山眞男、中井正一、和辻哲郎ら思索者たちの軌跡をたどり、隠された可能性を指し示す。

秩序の夢 ─政治思想論集
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,600円+税
  • Cコード:0031
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/03/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-86422-2
  • JANコード:9784480864222
苅部 直
苅部 直

カルベ タダシ

1965年東京都生まれ。東京大学教授。専門は日本政治思想史。著書に『光の領国 和辻哲郎』(岩波現代文庫)、『丸山眞男――リベラリストの肖像』(岩波新書、サントリー学芸賞)、『鏡の中の薄明』(幻戯書房、毎日書評賞)、『秩序の夢』(筑摩書房)など。

この本の内容

時代の奔流にあらがい、来るべき時代を見すえて紡がれた、政治への思考。丸山眞男、中井正一、和辻哲郎ら思索者たちの軌跡をたどり、隠された可能性を指し示す。政治思想史研究の、新たな視座を切り拓く最新論集。

この本の目次

1 美と秩序をめぐって(二つの樹の絵―中井正一と日本美術
大いなる切断―中井正一の秩序構想
古き日本のアルカディア―J.マックマレンによる熊澤蕃山研究
和辻哲郎の「古代」―『古寺巡礼』を中心に:時と風―坂部恵追悼
「為し能ふ」ことの不思議―カントと和辻哲郎
社交への意志
廃墟のモーリス・ラヴェル
洞窟としての世界)
2 政治を超えるもの(「不思議の世界」の公共哲学―横井小楠における「公論」
帝国の倫理―後藤新平における理想主義
「政治」の運命―『大百科事典』刊行七十周年によせて
混沌への視座―国家と暴力wめぐって
「大正百年」としての現在―都市と大衆、そして震災
恐怖とのつきあい方)
3 歴史の時間(歴史家の夢―平泉澄をめぐって
回想と忘却―丸山眞男の『神皇正統記』論
語りの時間―牧野伸顕『回顧録』と吉田健一
「関節が外れてゐる」時代―吉田健一『日本に就て』解説)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可